こころのしっぽ

裏めしや
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
俺たちギュンギュンBOYS



ギュンギュンじゃろが〜いぃぃぃ!!!

ああ、気合入る。


6月30日は久留米のlupikaでイベント 『モリノイロ・モリノカオリ』 に参加します。

僕はけち臭い古道具、生活雑貨
嫁さんは何か胡散臭い手作りアクセサリー
爽やかなイベントに悪臭を撒き散らす夫婦

と言っても嫁さんのアクセサリーは意外と評判がいい。
僕の生活雑貨は笑えるとノムケンが言っていた。


詳細は こちら!


皆さん来て下さい。
雨でもやってます。
久留米店からかき氷も販売します。
皆金儲けに目が眩んですごい形相です。
当日、サングラスとかかけた奴には特に注意しましょう。




| ぱつぷ | ぼやく日常 | 14:11 | comments(0) | - |
8月のボーナス一括払いで
ぼかあ、按摩器を買ったよ。
そうそう、あの座って寝そべって足なんかもビーンって引っ張ってくれるヤツね。
整骨院にね、行けばいいんだけどほら、時間がほら、タイムイズマニーって言うじゃない? だから家に居ながらにして整骨院効果が期待できるとびっきり高いヤツにしたの。
按摩器って言ったら銭湯を思い出すね、応接室のソファーみたいなのの横にハンドルがついててさ、ゲンコツみたいに出っ張ったアームで肩をダダダダダって、痛いのなんのって、一回100円。
俺のはエアーだよ、その姿ときたら殆んどロボだね、ロボの操縦席だ、俺はエアーでギュウギュウに圧迫されながらロボを操縦する楽しい妄想をする。
そしていつの間にか寝ちまう、いつも呼吸が止まってて 「くはっっ」 って、死にそうになって現に舞い戻る、本当に身体によいのだろうか??? 俺を殺ろうとしてるんじゃないか???
嫁さんは毎晩飛んでっちまいやがって、俺が大声で呼ぶかぽかんと開いた口に丸めたティッシュを放り込んでやらないと、いつまでもロボを占領して大いびきだ。
ぼかあ、贅沢だとは思わないよ、この際。
だって32万もすんだぜ、贅沢って思っちまった時点でアウトさ、毎朝お茶を上げ花の水をかえて二拝・二拍手・一拝、ロボ様にい抱かれようものなら、身を清め失礼の無いように作法を一通り、イスラムの礼拝のように床におでこを擦り付けて「どうぞ汚れた我が身体をお清め下さいまし」 と、稼働時間の3倍を費やして、一体なんのこっちゃ???
偉そうに俺の部屋にどど〜んとふんぞり返って、俺の部屋はさしずめマッサージルームと化した。
でもそんなのも気にならないね、労働に見合った当然の待遇と思ってるしそれに、俺の生活水準なんて考えた事も無いし知ったこっちゃない、俺はロボが気に入ってんだ、それだけでよかろう、32万もしたけど。
昨夜は奥さん陣取ったまま朝まで帰ってこんかった。
家庭が崩壊する、マッサージチェアのせいで・・・いやいや、たかがこれしきで崩壊するならもうとっくに、嫁さんが嵐のあのうんこ我慢してるような顔したヤングボーイにうつつをぬかした時点でもう崩壊したこっだろうよ、俺は案外見かけによらず心が広いんだぜ。



| ぱつぷ | ぼやく日常 | 15:04 | comments(0) | - |
男だってたまには愚痴るさ
楽しくねえなぁ〜俺はこんなことする為に生まれてきたんじゃねぇー! と、いう妄想がさらに己の日常を重く苦しいものにしている事は知ってるね? の、ぱつぷサーティーエイト、明日は奥さんの誕生日、去年は夜中の12時にむくっと起き上がり、「すかん! すかん! 皆すかん!」 と、すっかり誕生日を忘れていた僕らはこっぴどく怒られたので今年はちゃんとおめでとうと言います、シクヨロ。

遂にやってきたゴールデンウィーク。
稼ぎ時というが、考えるだけで気が重い。
てんてこ舞いが今から11日間休み無しで。
毎日てんてこ舞いな訳じゃないんだろうが、気分がね。

忙しい事は、ありがたい事だ。
飯も食えるし、バンドもできる。
でもこんなんじゃ自分が思い描いた日常から大きく逸脱。
もっといいかげんに、テキトーに生きていきたかった・・・
でも、僕の中の頑張りやさんがね、頑張っちゃうのさ。

チンロック、ヨコチンロックフェスティバルのお誘いがあった。

死ぬほど出てエェェェェ!!!

でも、あまりにも周りに負担がかかりすぎる、諦めるしかないのか・・・

総決起集会も観に行けなかった 泣
5月の旧車ミーティングにも行けない。
チカの結婚式も・・・

| ぱつぷ | ぼやく日常 | 19:19 | comments(0) | - |
大丈夫か?
昨日は定休日、ラウンジサウンズ 『鍵盤祭り』 に誘われてたけど、体力的にもう限界。
B&TSOM(BOGEY & THE SOUND OF MUSIC) 観たかったな。
一回だけのセッションだったのが継続になったらしいから、また機会があったら観れる。

朝から病院、薬代だけで一回飲みに行ったくらいの金額。
俺は薬を『飲む』ライブを『打つ』古いものを『買う』の三拍子揃った立派な道楽者、ぱつぷサーティーエイト、金は天下の周りもの、しくよろ。

7時間! 7時間もメガネと顔を突き合わせて、曲が一曲どころかフレーズ一つ浮かびやしない。
俺の休みを返せ、サンシャイ〜ン! お前の所為で曲もままならぬぅ〜♪

まあ、まあ、焦ったりイライラしても意味ないから、楽しくやりましょう。
そのうちなんか浮かぶかも。
と、自分に言い聞かせてはみたものの、サンシャ〜インお前の所為だぜ! サンシャ〜イン、輝けっ!お前の所為で休みが逃げてくぅ〜♪

全く、休みの日まで家にこもったきり、出かけたのは昼飯に近くの定食屋さん、夜に家族でアサヒ屋食堂、こんだけ。
で、曲は出来とらん、おいはなんばしよっとじゃろか???ね!?

もうすぐゴールデンウィーク、11日間休みなし、大丈夫なの?ワタシ・・・

| ぱつぷ | ぼやく日常 | 11:46 | comments(2) | - |
優しさ発、奈落の底行き
春になり、太る。
最近よくコーヒーをいれる。
コーヒーをいれると嫁さんに優しくなる。
俺が優しいと、嫁さんも優しい。
夫婦がうまくいっている。
優しさはやはり、まず自分という駅から発進しないと、他人のそれに便乗したりおこぼれに預かるなんてのはないんだな。
皆が、乗っかって来る訳だ。
誰かこの平和な日々をぶち壊してくれ!
そしたら俺は血眼になって修復するんだろうな。
どんどん奈落の底に吸い込まれていく感じがしている。
日々強くなるその感覚が実は居心地が悪くないから厄介だ。
家族とか、平和とか、安心とか、愛とか、厄介だ。
失くす先が怖いから、どんどん自分が縮こまっていく。
俺はどんどん縮こまって、歳とって、他人の評価や陰口が気にならなくなっていく。
自分より大事なものなどないと思いたい。
嫁さんとうまくいって朝、
表と裏がひっくり返って、嘘の俺とホントの俺がチェンジ交代していた。


| ぱつぷ | ぼやく日常 | 17:14 | comments(0) | - |
煙草、大人の文化
煙草が買いにくくなるね、5月から。
自販機ではなにやらカードみたいなの挿入して、身分証明みたいなことさせられるみたいだし。
コンビニだって娘を使いにやっても売ってくれない。
色々と面倒はふえるだろうけど個人的には賛成です。

これを機会に煙草をやめようと言う話もちらほら。
値上げでもなかなか喫煙者の禁煙を促すまではいかなかったようだから、この話も眉唾ものだけど。
特に禁煙運動がどうとか、健康の為にどうとかなんて、どうでもいい事。
完全な個人の問題だしね、ホントに健康が不安になったら煙草なんて吸っちゃいられない、それまで吸いたいだけ吸えばいいだけよん。

俺はこれを機にティーンの喫煙が減少すればいいと思っている。
そして大人は自分達の特権的な楽しみを手に入れる。
10代にはには10代の楽しみや嗜みがあるだろう。
大人には大人の世界があったほうがいい。
たまに10代の世界に憧れや幻想を抱きすぎて、常識から逸脱しちゃうおっさんがいるけど、よっぽど美味しい肩書きでもなけりゃ、10代の世界で居心地のよさをキープすることは出来ない。
携帯のコミュニティーサイトで若い友達を作りたがったり、暴走してみたり、いつまでもバンドやってたり・・・俺か?
とにかく、無理が生じるね、破綻する以前に衝動自体が破綻してるから後は物騒な事が待っているだけ。
大人の世界に浸りすぎたティーンもそう。
覚える必要ない遊びや、命がけの使い走り、挙句には借金。
だから、区別するべき。
マックや何かでもしっかり区別されている喫煙ルーム、社会は大人とティーンをもっと区別すりゃ世の中もっとシンプルになるんじゃないかしら。

イギリスやドイツみたいにカフェやなんかで大人は昼間っからビールを飲んで、煙草を吹かす。
ティーンはサッカーに興じていればいい。
横目でちらりと、いい服を着て、いい車に乗って、いい女の尻をさする大人達を見る。
羨望の眼差しは注がない、自分達は自分達の世界の事で精一杯。
ティーンの内にやれる事は限られている、限られているがその可能性は無限だ。
その事に大人たちは気付かせてあげなければならない。
それは、ホント難しい事だけど。

大人が大人だけの世界を手に入れたら、若者はいつしか其処を目指す。
いつまでも体力と、行き当たりばったりの毎日では体が持たなくなるし、何より世代は移り変わっていくものだ。
嗜好品やファッションや流行や言語、10年一昔とはよく言ったものだ。

それに大人がもっと無茶すりゃいい。
ちょっと無茶していい車、レジャー、時計、女、大人の大人だけの文化を築けば、若い連中は自然と努力するようになる。
要は、大人の世界がもっとカッコよく、ミステリアスで閉鎖されたものであればいいのでないかい。

最近めっきりカッコいい大人が少なくなった、スクリーンの世界からも、日常なんかじゃ絶滅種。
大人社会の根底が崩れ去っている今、若者の手本や憧れになることは非常に難しいけど、大人が自分達の世界を大いに楽しんでいる姿を見せていたら、いつの日か世の中のこのひっくり返っちまった価値基準が少しはマシになるかもしんない。
俺は娘達の前で、いい父親、立派な大人である前に、人生を謳歌している一男であろうと務めている。
自分の教育理念が正しいものだとは思ってもいないが、少なくとも一つ屋根の下で共存していく上では、彼女達につまらない思いはさせてはいない。

と、理屈をこねたくる大人が一番嫌われる、んでないかい?


| ぱつぷ | ぼやく日常 | 13:28 | comments(0) | - |
春休み突入、連休、リフレッシュ
連休しました。
お金使いました。
首横振りダンス習いました。
いかがお過ごしですか? 
ぱつぷサーティーエイト、リフレッシュ!!!

24日、子供達も春休みに入ったので、思いっきり遊んじゃおうと早起き。
石橋君ご自慢のペルー産のコーヒーを入れてみる。
たまには奥さんにコーヒーでもという気持ち。
しかし、普段コーヒー談義なんぞで偉そうに講釈をたれてる俺だけど、いざ自分で入れるとなるとこれがなかなか美味いのが入らない。
コーヒーは奥が深い、のだろうな。

ガーデンホテルのバイキングに行く。
入り口付近の席に見たような顔のおばはん。

よく見るとうちのおっかあ。
びくびくしながら食ってた。
多分、パパラッチから追い掛け回される妄想かなんかにやられてたんだと思う。



それから子供達は夢たうんへ、僕はリサイクルへ。
子供達を誘ったら断られたもんで。
収穫は

昭和40年代のシャッター付き書類入れ



これまた古そうだけどピッカピカのスチール製化粧品入れ



あと、お店の椅子をぜーんぶ、会議室にあるような事務椅子に買い換えた。

書類入れ1890円、化粧品入れ1200円、レピッシュのCD50円、マグカップ50円、お店の椅子1400円×16 ひ〜散財、豪気!

それから家族合流で焼肉やさんへ。
ほんと、たまにはチビ達に肉を食わせないと、近所の猫とか犬なんかを食いそうだから。
その後、雄太郎さんを誘ってカラオケへ。
僕は岡村靖幸ですべって、雄太郎さんはいつまでたってもダメなワタシねぇ〜♪ で、すべり、お互い世良正則になりきれなくて限界を知った。
一番良かったのは、お互い無茶振りして勝手に選曲して相手に歌わせた、『ずるい女』と『蝋人形の館』だった。
チビ達は自分が歌い終わったら寝て、また自分の順番がきたら起きて歌っていた。
まあ、順番を守るようになったのだけは進歩かな。

帰宅後、おっかあが言うには

ゆめタウンのトイレで化粧をなおしていたそうだ。
すると鏡越しに男性が後ろを横切る。
しばらくして、中学生くらいの男の子が鏡越しに自分を見ている。
おっかあは化粧をなおしている。
遂に男の子が

「すみません・・ここ、男便所ですが・・・」

「ひぃぃぃ〜〜〜」

多分男の子は、こんな世の中だから、おっさんが化粧していてもおかしくはないが・・・と、思い、迷った挙句に声をかけたのだろう。
警察に通報されなくてホント、良かった。
大体人の集まるところには、変な人が必ず居るもので、おっかあももうすぐその仲間入りする事は間違いないだろう。

25日、朝からぐずぐずしていたらもう1時、急いで約束していたケンタッキーに向かう。
ケンタッキーは高いね、しかもコーラは薄いし、店員はいまいち。
マック派の俺としては何かと目に付いて仕方がない。

それから嫁さんとチビは鼻の病院へ、俺と上の娘はスタジオへ。
娘のドラムの個人練習にお付き合い。
今月からプロジャズドラマーの藤山E・T英一郎さんにレッスンを受け始めた。
がんばれ! とうちゃんはもう何にも分からんぞ〜。

それから集合してレンタルビデオを借りに行く。
俺は新作のSFもので思いっきり失敗。
チビ達はケロロ軍曹とうる星やつら。
だから、パソコンでタダで観れるって言ってんのに。

そして、中古販売のコーナーで
ベンフォールズファイブ、山本リンダ、綾戸智恵 、岡本と卓球を見つける。
これ全部100円!

そしてなんと!中古VHSのホラーが山ほど!
悪魔のしたたり、13日の金曜日シリーズ3本、悪魔のいけにえ3、キャリー1.2、悪魔の毒々モンスター、壁の中に誰かがいる、ジェイコブスラダー、等など購入、全て100円。
この二日で俺のテンションメータが一番振り切れた瞬間だ。

帰宅してビデオを見ながら寝てしまう。

よくよく考えると、これは子供と遊んだんじゃなくて、俺の日常に子供を引きずり込んだだけのような。
もっと、遊園地とか動物園とか映画とか芸者遊びなんかに連れて行かないと、パパの思い出って言ったらリサイクルとホラー映画だけ、なんて事にになっちゃうんじゃないかしら・・・
まあいい、春休みは始まったばっかりだし、佐賀の方に行けばまだ『28週後』もやってるだろうから。




| ぱつぷ | ぼやく日常 | 14:58 | comments(0) | - |
地獄少女
小学校一年生の下の娘、学校で先生がくれるVeryGoodが欲しくて、漢字の書き取り宿題2ページのところ頑張って4ページ書いたと嫁さんに自慢。
朝から気になってノートを覗いてみたところ、2ページ目の上のほうに「あと2ページあります」 の但し書き。
可愛いな、と思いつつページをめくり愕然

地獄 地獄 地獄 地獄 地獄 地獄 地獄 地獄 地獄 地獄 地獄 地獄

頭がくらくらしつつ、次の行は 芯 芯 芯 芯 芯 芯 芯 芯 芯   多分、恋と書きたかったのだろう・・・

さすがに地獄は消して他の他愛もない文字に挿げ替えさせたらしいが、芯は努力の跡が覗えてあまりにも可哀想だったから、読みがなに 「しん」 と書かせたそうだ。

因みに娘の愛読書は 「地獄少女」 好きなアニメは 「墓場鬼太郎」
好きなアーチストは 「ミドリ」


僕、育て方間違ってないよね???
| ぱつぷ | ぼやく日常 | 19:25 | comments(0) | - |
ぽっちゃりが好き
すっかり更新が遅くなっていますが、花粉の所為ではないのですよ、今のところ。
日常を切り取り、複製をタイプする行為・・・ああ・・・めんどくせ・・・の、ぱつぷサーティーエイト、もうすぐナインなのか、シクヨロ。

最近といえば、家のおっかあ、昔から人が食欲ないとか、太るから食べ控えてると言うと必ず、必要以上に食わせたがる。
先日も、白めしのおかわりを所望すれば、人が三分の一ほどで言いといっているのにもかかわらず、一度俺に見せこれでいいかと確認した後にこっそり水増しする。

「おい待て!それはなんぞや?」

「えっ!? こ、これは・・・おまけ」

「いらぬ!いらぬと申しておる!」

「だって、ぽっちゃりが好きだもの」

「おぬしの趣味など聞いておらぬ! 減らせ、減らせと言っておるのじゃ婆!」

「あっそう」

と、しぶしぶおひつに戻す有り様。


まともに食事がしたい、私の願いはただそれだけなのですが。


当店のバイト生、タケル。
大牟田高校野球部卒、甲子園出場経験有り。
今、針灸師の学校に通いながら、野球の審判をやっている。



高校野球は怪我で途中からマネージャー役をやっていた。
その頃、スポーツ選手が故障で有望な未来を失う姿を見て、何とか自分の力で選手達を守る環境と技術を身に付けたいと考え、今の道を選んだ。
そして尚且つ、好きな野球をいつも間近で観ていたいという強い望みが、審判という形になった。
皆、第一線、最前線で活躍したがる10代から20代、甲子園をへてプロになれなかった球児の殆んどが野球を止めてしまう中、その情熱と愛情を維持させる方法を模索し、実践する19歳に感銘を受けた。
僕は彼をただのスポーツ馬鹿だと思えない。
高校時代、故障によりレギュラー争奪戦からあえ無く外された悔しい思い、そして活躍するチームメイトの姿に嫉妬を通り越した先に見えた感動、それらが彼の心を強くした。
皆が順風満帆に行くはずのないスポーツの世界だが、自分が泥水をなめる事を余儀なくされた時、立ち上がり自分ができる事を、その場に留まり考える事が果たして出来るだろうか?
それは、難しい、なぜならスポーツに費やした時間を埋めるには有り余るほどの、誘惑と刺激がフェンスの外に溢れ返っているからだ。

そして俺は彼と自分を重ねてみる。
俺も最前線に立つにはあまりのハンディーを抱え込んだバンドマン。
実力も、才能も今のニュータイプには到底太刀打ちできないオールドタイプ。
でも、バンドが好きだし、あの世界が自分の居場所だと最近ははっきり分かる。
だから、多分これから先も絶対に多くは望めないこと、浮上する見込みがないこと、多くの制約がつきまとうだろう事を分かった上で、オールドタイプがオールドタイプの機材を使って悲鳴を紡ぐ。
僕はタケルみたいに何かに貢献は出来ないかもしれないけど、同じ情熱と愛情に突き動かされているところは似ているんだ。
だから、奴が 「最近ふとり気味で・・・」 と、嘆くのにもかかわらず、今日もこっそりまかないの食事を水増しするのだ。

だって、ぽっちゃりが好きだから。


| ぱつぷ | ぼやく日常 | 15:26 | comments(3) | - |
ひっさしぶりの更新で肩が凝ったので整骨院に行きます
久しぶりにパソコンに向かう。
すっかり指が動かんで、誤字が多くなり時間がかかってしょうがない。

ここ最近のお話。

23日に友達が結婚した。
ヨッチって言う奴。
高校の時からの付き合い、ドストエフスキーやフィッツジェラルドなんかは彼から教えてもらった。
理屈っぽくて負けず嫌い、無茶ばっかりしてるけど凄いいい奴。
ルックスがちょっと太宰っぽいヨッチの結婚。
お互い大人同士の結婚、お母さんは嬉しそうだったよ。



夜、トイレのドアに隠れておっかあを脅かす。
最近歳のせいかめっきり反応が鈍くなったおっかあは、おもろいリアクションがとれなくなったのはスランプの所為だと言い張り、いっぱしの芸人みたく悩んでいる。




25日、お店の鉄板テーブルが突然バランバランに崩壊。
すぐにノムケンにコンタクトして、修理依頼。
もちろん俺は休みを返上して手伝いに行く。



テーブルの周りを削って、額縁みたいに5cmほどの木材で囲って延長と補強。



俺は延々ペーパーをかける。
人生で俺ほど、望まずしてあらゆる物を擦った男がほかにいるだろうか・・・
思えば、オートバイ、家、店舗、家具、車、擦ってばっかり。
作業の基本はペーパーかけであるからして、仕方ないが。
仕事でも鉄板を擦って擦って擦り倒し、休みの日までペパーで擦り、男性自身を擦り、掌を揉み擦り、その先に何があるかは分からないが、男に産まれたからにはこれからも擦り続けていかなければならないのだろうな。



やがて下地が出来たらニスを塗るのだが、ここで思わぬ誤算が・・・



ノムケンの工場は常にのこぎりやカンナくずが舞っていて、塗りたてのテーブルをよーく見ると小さな埃が付着していて、手触りもざらざら。
ここで次の日の営業は諦めざるを得ない事に。
明日もペーパーかけか・・・

そんな俺の懸念をよそに、アイポッドなんぞを弄繰り回す洒落腐った大工



ここでノムケンの作品を紹介しよう



アンティークのショーケースのレプリカ、オールノムケンの手製。
中に一つだけオリジナルが混じっているけど分かる?
とんでもない大工だ、彼の情熱と探究心は留まるところを知らない。
元々凝り性のノムケンは、いまや水を得た魚の如く古い物の修復、レプリカ制作に没頭している。

27日、朝から嫁さんとペーパーかけして、ニスを塗りなおす。
とんでもなくいい物が出来た。
そして継ぎ接ぎしたのにもかかわらず違和感がない、全くノムケンはスゲーや。
でも多分お客さんは気づかない。
それはあまりにも自然に店に馴染んで、広くなった分食事はしやすくなるが、その事にも気付かせないから。
これぞこだわり、本質的なこだわりは 「どうだ!」 って、誇示しないもの。
東京の有名おでん屋の職人が言っていたが 「こだわりを見抜かれたり、こだわっている事をアピールしたら、それはこだわりではない。こだわりとは人に気付かれないところで努力すると言う事だ」 つまり、さり気なくなければならないという事。
最近の飲食業は良い材料を使ったり、インパクトで勝負したりと、こだわる事にこだわるような傾向にあるが、本当に難しくこだわっていなければならない事は、いつも同じ物が季節、天候、物価に左右される事なく出されるという事。
そして、いつもと変わらないお店で、いつもの席で、いつものメニューが当たり前に出てくるという事。
それが良心的な店のこだわりだと思う、ここでこう言ってしまった以上もうこれをこだわりとして自身の内に留めておく事は出来なくなってしまったが、俺も嫁さんもある意味本当にこだわった店をこれからもやっていきたいので、休みを返上してお店の事をやるのはちっとも苦にならないのだ。

そして27日夜
この日は、あんちゃんのドラムスクール最後の日。
先生をやってくれていたフリークこと、ブリーフこと、フジモンこと古田が東京に旅立つ事になった。
東京で本格的にバンドをやりたいのだそうで、ここでもまた情熱に押されるエネルギーに満ち溢れた男が。



フリーク、今まで有難う。
あんちゃんはこれから自分一人で頑張っていくと言っているから、安心して東京のアルバイト先で店長を目指してくれ! 笑)

とにかく、音楽はやるとか、やらないとか、スイッチなんてないんだから、君が何処にいても何をしていても、生活にリズムを。
音楽をやるとか、やらないとかは、スポーツみたいに競うもんじゃないから、自分を信じて楽しむという事を忘れないで欲しい。

そして、音楽で繋がった仲間は、これからずっと先も、音楽の傾向や趣味が変わってしまったとしても、いつでも解り合える仲間なのだから、僕らは福岡の空の下で君の活躍を応援しています。




| ぱつぷ | ぼやく日常 | 15:23 | comments(1) | - |
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

このページの先頭へ