こころのしっぽ

裏めしや
<< CL125 | main | キューサイで救済 >>
シャバシャバ
うわ〜夢見た。
ストーリーがすごく一貫していて、登場人物も会話も味も色も音も現実と寸分たがわぬ夢を見たよ〜のぱつぷサーティーセブンです、シクヨロ。

ライブ会場、木製の床、狭いステージで僕ら一銭めしやはローディーをやっている。
バンドはフォークイナフ、福岡バンド界の重鎮だ。
僕はギターボーカルの世話をやく。
アンプは小さな無名のアンプだったし、シールドはめちゃくちゃに絡まっていた。
全くこの人どういう人? と、すこし訝りながらも献身的に仕事をこなした。
「アンプのフットスイッチもってる?」 僕は以前使っていたアンプのフットスイッチをたまたま持っていたので、彼の足元に並べてやった。

ここでBG氏登場。
この仕事は彼を通じてまわしてもらったもので、一銭めしやのこれからに大そうプラスに作用する事間違いなしの、言わばBG氏の厚意とも言うべき仕事、一生懸命やらねばバチが当たる。

会場のお客の入りはまばら、薄暗く、こんなスター的なバンドでもこんな日があるのか・・・と、少し驚く。
するとボーカルギターが振り向き 「いい具合に酒がまわってるね、そろそろはじめるよ」 という。
ストーレートのマイクスタンドに並ぶ彼の姿はやせて不健康そうで見ている側を少し不安にさせる。
しかし、ぐしゃぐしゃの髪の毛にライトが当たり、僕らに背を向け観客に居直ると、其処には紛れも無いロックスターが立っていた。

「さあ、僕らもフロアで観ましょう」 BG氏に誘われるまま観客席へ。
すると、ステージ上から見えていたのは客のほんの一部、会場の奥には今まさにフロアを埋め尽くさんばかりの人、人、人。

ざわめきの中、演奏が始まる。
素晴らしい演奏、音、パフォーマンス。
僕らは本当に良いバンドのお世話をさせてもらったと、心から思い、いつか一緒にステージに立てたら・・・と、熱いものがこみ上げてきた。


その後、台風の影響でBG氏は家に帰れなくなって、我が家に滞在する事になった。
BG氏、お腹が減っていたのか、コンビニでビスケットのような菓子を買ってきて食べようとしていたので、「僕らが何か作りますよ」 と言ってタマネギを必死に剥こうとするが、どうしてもうまく行かない。
ダメ介は包丁の使い方がでたらめで、見るに耐えない。
すっかり痺れを切らしたBG氏は 「いいよ、僕が作ります」 と言って、大きな鍋で出汁を取り始めた。

「うを〜すげぇ〜今日はなんて日だ! フォークイナフのローディーがやれたうえ、BG氏が料理作ってるよ、俺んちでー!!!」

ここで、目覚ましがなる。
もう少しでBG氏の料理が食えたのに・・・時間は4時半。
そうか、今日はお彼岸だから、奥さんは早起きして家業のまんじゅうやでおはぎ作りのお手伝いだった・・・もう一眠り・・・・

友達が古着屋をはじめた。
遊びに行ったつもりがいつしかお手伝いをしていた。
スウェードのウェスタンシャツにシャバシャバに色落ちした501、今日のいでたちが気に入らない。
お店で適当にやっていたら、ダニーババ登場。
やだなー、接客したくないなー。
しかし派手な人だ、緑のラメのジャケットにピンクのサングラス・・・ありえん

変な客が多い、この店の行く末が思いやられる。

突然、大学生風の男が話し掛けてくる。
「バーンズいいっすよねぇ」
「バーンズいいよね」
「コンバースとどっち派っすか?」
あたりを見回すが、この店にはコンバースは無くバーンズを取り扱っているようだ。
「バーンズ、兎に角バーンズ!!!」
「っすよねぇ」
「そうそう、コンバースもUSAは良かったけどね云々」
必死でスニーカーの講釈をたれるが、その男次第に時間が気になりはじめた様子で、ちらちら腕時計にばかり目をやる。
それでも必死に喋りつづける、まるで意識がスーパーコンピューターに直結してしまったかのように知識が溢れ出して止まらない、助けてほしいのはこっちの方だ。
僕は急に、まるで自分の意志とは別の、とても巨大な力によって接客させられているのではないか? と、不安になって・・・くはぁ と、目を覚ました。

BG氏の料理が心残りで、スウェードのウェスタンシャツにシャバシャバの501のコーディネートが残念でならない。




| ぱつぷ | | 16:57 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 16:57 | - | - |









     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

このページの先頭へ