こころのしっぽ

裏めしや
<< 男だってたまには愚痴るさ | main | 冒険しよう! >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
8月のボーナス一括払いで
ぼかあ、按摩器を買ったよ。
そうそう、あの座って寝そべって足なんかもビーンって引っ張ってくれるヤツね。
整骨院にね、行けばいいんだけどほら、時間がほら、タイムイズマニーって言うじゃない? だから家に居ながらにして整骨院効果が期待できるとびっきり高いヤツにしたの。
按摩器って言ったら銭湯を思い出すね、応接室のソファーみたいなのの横にハンドルがついててさ、ゲンコツみたいに出っ張ったアームで肩をダダダダダって、痛いのなんのって、一回100円。
俺のはエアーだよ、その姿ときたら殆んどロボだね、ロボの操縦席だ、俺はエアーでギュウギュウに圧迫されながらロボを操縦する楽しい妄想をする。
そしていつの間にか寝ちまう、いつも呼吸が止まってて 「くはっっ」 って、死にそうになって現に舞い戻る、本当に身体によいのだろうか??? 俺を殺ろうとしてるんじゃないか???
嫁さんは毎晩飛んでっちまいやがって、俺が大声で呼ぶかぽかんと開いた口に丸めたティッシュを放り込んでやらないと、いつまでもロボを占領して大いびきだ。
ぼかあ、贅沢だとは思わないよ、この際。
だって32万もすんだぜ、贅沢って思っちまった時点でアウトさ、毎朝お茶を上げ花の水をかえて二拝・二拍手・一拝、ロボ様にい抱かれようものなら、身を清め失礼の無いように作法を一通り、イスラムの礼拝のように床におでこを擦り付けて「どうぞ汚れた我が身体をお清め下さいまし」 と、稼働時間の3倍を費やして、一体なんのこっちゃ???
偉そうに俺の部屋にどど〜んとふんぞり返って、俺の部屋はさしずめマッサージルームと化した。
でもそんなのも気にならないね、労働に見合った当然の待遇と思ってるしそれに、俺の生活水準なんて考えた事も無いし知ったこっちゃない、俺はロボが気に入ってんだ、それだけでよかろう、32万もしたけど。
昨夜は奥さん陣取ったまま朝まで帰ってこんかった。
家庭が崩壊する、マッサージチェアのせいで・・・いやいや、たかがこれしきで崩壊するならもうとっくに、嫁さんが嵐のあのうんこ我慢してるような顔したヤングボーイにうつつをぬかした時点でもう崩壊したこっだろうよ、俺は案外見かけによらず心が広いんだぜ。



| ぱつぷ | ぼやく日常 | 15:04 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 15:04 | - | - |









  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

このページの先頭へ